読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊きたてご飯で卵かけご飯

楽しい一日はおいしい朝ごはんから始めよう。

 

卵の白身だけを炊きたてご飯にいれて、

まぜまぜ。

f:id:sakesakanaumihatake:20170310082107j:image

 

 

 続いて少し醤油につけた黄身を

ぽとん。

f:id:sakesakanaumihatake:20170310082111j:image

 

黄身を崩しながら、かっこむごはんのうまいことうまいこと。

 

人生は如此く、

簡単に幸せになれるもんなんだなあ。

 

 

ひな祭りのお祝いに、子どもたちとケーキづくり

ひな祭りのお祝いに(?)

子どもたちと、特製ミルクレープをつくってみた。

 

 

ホットケーキミックス

薄いパンケーキをたくさん焼いて。

f:id:sakesakanaumihatake:20170310081711j:image

 

生クリームとカスタードクリームとフルーツジャムを重ねて

ボウルに入れて寝かせます。

f:id:sakesakanaumihatake:20170310081838j:image

 

冷蔵庫に入れて、

最後に飾り付け、夢中でクリームを絞る。

f:id:sakesakanaumihatake:20170310081921j:image

 

完成! 

f:id:sakesakanaumihatake:20170310082000j:image

 

子どもたち、大はしゃぎで!

大成功!!

 

 

暖かくなって来たので、庭でBBQを解禁した。

今年日を追うごとに暖かくなって来た。

 

子どもたちは昼間お庭でしっかり遊んでいるらしい。

 

週末は、遅めのひな祭りとして手巻き寿司パーティーをするつもりだったから、天候も良く、子どものリクエストもあったので、今年初めてのお庭BBQをすることにした。

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170309112559j:image

 

火を起こして

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170309112638j:image

 

食材を用意して

 

 

庭で食べるBBQは最高だね。

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170309112720j:image

 

 

今年は庭でしっかり遊ぼう。

 

 

 

ハーブ畑の整備 気持ちのいいお庭に向けて

庭の一角に作ったハーブコーナーだけど、

ローズマリーとラベンダーの二強が区画を占領してしまい、

脇の小道も通れなくなっていてので、

思い切って散髪してみた。

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170226213040j:plain

 

死んだように枯れていた枝を丁寧に外していくと、

根本で大きく腐っていた。

 

どうやら腐りながらも健康な枝を伸ばし、

葉をつけていたようだ。

 

 

支柱を立ててとりあえず補強して見る作戦。

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170226213045j:plain

f:id:sakesakanaumihatake:20170226213048j:plain

 

地盤をそんなに掘り下げてない畑なので、

支柱の効きが甘い。

2本刺しで様子をうかがうが、このあとさらに3本目を追加した。

 

 

すっきりと気持ちいい区画がでてきた。

植えたまま、すっぽりと隠されていた他のハーブたちも

枯れてはなかったのでそのままにしておいた。

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170226213050j:plain

 

さあ、庭が少しづつ春らしく気持ちいいお庭になってきましたよ。

庭の畑の土作り 

2月も半ばを過ぎ、いよいよ春が目の前にやってきた。

 

今日は庭の畑の土作り。

 

例年は、苦土石灰とバーグ堆肥を混ぜ込むんだけど、

今年は苦土石灰と牛ふんを混ぜ込むことにしてみた。

 

さつまいもの出来が悪かったから、有機的な栄養分を畑に足したほうがいいのかな、と勝手に考えたから。

 

まずは、牛ふんを畑にいれて、クワで耕す。

f:id:sakesakanaumihatake:20170220204613j:plain

 

右下に写っているのは、うまく巻いてくれなかった白菜たち。

ヒヨドリのいい餌になっているようなのでこのまま放置しておく。

 

 

次に苦土石灰投入。

袋は20kgあるのでなかなか重たい。

f:id:sakesakanaumihatake:20170220204728j:plain

 

しっかりと鍬を入れたらなんとなく整えて完成。

 

f:id:sakesakanaumihatake:20170220204801j:plain

 

さあ、今年は何を植えようか!

 

 

 

「酒と肴と海と畑」本日よりスタートです!

「酒と肴と海と畑」本日よりスタートです!

僕はほぼ毎日お酒を飲む。

「酔うためのお酒」ではなく「おいしく楽しむお酒」が大好きだ。

 

もちろん食べることも大好きで、

おいしいお酒とおいしいご飯を楽しむことをなにより楽しみにしている。

 

おいしいものに出会えたときは、

誰かに話したり、一緒に食べたりしたいと思う。

 

おいしいお酒や料理を振る舞って、喜んでもらえるととても嬉しい。

 

おいしいものや楽しい時を書き綴って、

誰かと共有できたら、とっても幸せなことじゃないかな、

と思ったのでブログを書いてみようと決めました。

 

とりあえず、100記事書くのを目標に頑張ろう。

 

初記事の最初に、僕の好きな村上春樹の言葉を引用する。

おいしいお酒に出会うたびに、この文章を思い出す。

 

もし僕らのことばがウィスキーであったなら、もちろん、これほど苦労することもなかったはずだ。僕は黙ってグラスを差し出し、あなたはそれを受け取って静かに喉に送り込む、それだけですんだはずだ。とてもシンプルで、とても親密で、とても正確だ。しかし残念ながら、僕らはことばがことばであり、ことばでしかない世界に住んでいる。僕らはすべてのものごとを、何かべつの素面(しらふ)のものに置き換えて語り、その限定性の中で生きていくしかない。でも例外的に、ほんのわずかの幸福な瞬間に、僕らのことばはほんとうにウィスキーになることがある。そして僕らはーー少なくとも僕はということだけどーーいつもそのような瞬間を夢見て生きているのだ。もし僕らのことばがウィスキーであったなら、と。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら - 村上春樹

 

このブログを読んだ人が、

少しでもそこの書かれたお酒なり、食べ物なりを口にしたいと思ってくれたら。

そう思いながら僕は今日もおいしいお酒を飲んでいる。